翻訳出版オンラインワークショップ 「The Living Labyrinthl」
監訳者 田尻宇成先生からのメッセージ
『The Living Labyrinth』(Jeremy Taylor著)
 この本はどちらかというと、夢を理解するための夢辞典にちかい本ですが、それよりも濃い内容になっています。著者であるジェレミー・テイラーのドリームワークの講座が、いつも満員御礼になる原因の一つが、この本の内容が魅了的だからです。内容を知らなくても、ジェレミーが教えるものはすごい!と風の頼りでみんな知っているので、彼が教える大学院でも、彼が教えるドリームワークの講座だけが、定員数を超えてしまいます。

 ところで、夢分析を成功させるためには、何が必要かご存知ですか? 一つは、自分に向き合う力や勇気を持つこと、もう一つは、夢の内容をどれだけ想像力の幅をきかせて考えられるかということです。この本の重点がこの二つ目におかれていて、想像力を掻き立てるような、分析に必要な基礎知識が豊富に積み込まれています。でも、知識や内容だけでなく、ジェレミー節といってもいい説得力のある独特の言い回しに溢れています。

 この本をよむと、世界の神話の内容と普通の人の夜みる夢の内容が関係していることが理解できるようになるでしょう。また、この本には、教育的な意味があって、この本を訳される方の使命の一つが、夢分析をグループでするリーダーたちを育てるためためのお手伝いをすることだと思います。ぜひ、翻訳に挑戦してみてください。


監訳:田尻宇成(トランスパーソナル心理博士・翻訳家)