Bonjour! 「フランス語翻訳力診断ページ」へようこそ。
ここではあなたのフランス語翻訳のセンスを見出し、翻訳の楽しさと勉強法をアドバイスします。
これから翻訳学習をお考えの方は、まず試してみてください。
 
 フランス語長文翻訳診断の音声講義を聞く(MP3形式)
  1.フランス語翻訳のポイント 〜名詞を「解凍」しよう〜
 

講師 : 橘 明美
 英語もそうですが、フランス語でも「名詞」が実に効率的に使われています。特にフランス語の場合は語彙が少ない分を抽象名詞でうまく補っているという面があり(逆に言えば、抽象名詞でうまく表現できるからこそ語彙が少なくて済んでいるとも言えるのでしょう)、同じ名詞が文脈によってさまざまな意味を持つことになります。

 抽象名詞の場合は「意味の幅が広い」だけでなく、「そこに具体的な内容が凝縮されていることが多い」という意味で一層複雑です。



 ということで、抽象名詞に出会ったら(あるいは具象名詞でも指示形容詞や所有形容詞が 付いていたら要注意)、まずその名詞を「解凍」してみましょう。 圧縮ファイルを解凍するようなつもりで、そこにどんな意味が含まれているのかを紐解いてみるのです 。そして、その紐解いた内容を日本語で表現してみましょう。
 
  2.問題文  
 En 125 avant Jesus-Christ, les Romains occuperent le pays entre les Cevennes et les Alpes ; la conquete de l'ensemble de la Gaule par Cesar se place entre 58 et 53. La paix romaine favorisa l'eclosion d'une richesse merveilleuse dans ce pays neuf qu'etait la Gaule et le couvrit d'edifices innombrables.

 Durant la longue paix romaine, les villes de la Gaule n'etaient pas fortifiees ; ainsi s'explique la facilite avec laquelle les Barbares traverserent le pays au IIIe siecle. Pour resister aux invasions futures, on reduisit l'etendue des villes et on les enferma dans des murailles faites de debris des edifices renverses.


<解答入力欄> あなたの訳文を送ってください。
 
  3.解答のヒント
 フランスの建築物の歴史に関する文章です。下線部は工夫が欲しい部分。3行目の La paix romaine などはそのまま名詞で訳せますが、でも原文どおりそれを主語にして「ローマの平和は」としてしまうと、そのあとがうまく続きませんね。動詞の favorisa と抱き合わせて考えてみましょう。
(下線部以外にも工夫できるところがあります。あなたはいくつ「解凍」できますか?)

les Cevennes
=セヴェンヌ山脈  favoriser=助ける、促進する  eclosion=開花、出現  edifice=建築物
fortifier=要塞化する  murailles=城壁  debris=残骸
 
  4.コラム
 英語に比べると、フランス語翻訳は実務翻訳でも出版翻訳でも需要は限られていますけれども、そこにはやはりフランス語圏ならではの情報や価値観があり、興味は尽きません。また書籍に関して言えば、純文学ばかりではなくノンフィクションやエンターテイメントも紹介されるようになってきていますし、まだまだこれからが楽しみな言語です。

 なお、フランス語翻訳を仕事として考える場合には、複数の分野をこなせる柔軟性を養っておかれるといいですね。なんらかの専門性や得意分野を持った上で、そこから範囲を広げていけばいいのです。

 また、実務翻訳では英語のプラスアルファとして「フランス語もできる」となれば、これは有利な条件になりますよ。

あなたのフェースシート
  以下にご入力いただいたemailアドレスに添削訳文をご返却いたします。
  このフォームは、ジオトラスト社によるSSL証明書(SSL Certificate)によリ保護されています。
  このデータを外部に漏洩することはありません。

1.お名前 (例:場部留 太郎)
2.フリガナ (例:バベル タロウ)
3.メールアドレス
(例:babel@babel.co.jp)
4.メールアドレス (再入力をお願いします。)
(例:babel@babel.co.jp)
5.居住地
6.電話番号 電話番号: (例:03-6229-2433)
7.翻訳学習歴
バベルで受講なさった場合講座名を
他校で受講なさった場合は学校名を入力してください
8.当診断サイトへ
   到着された経緯

【例】翻訳大学院のサイトから等
9.備考
有難うございました。出きるだけ早く結果をメールにてお送り致します。
チェックがお済でしたら送信をクリックしてください。

 


 受講に関するご相談・ご質問はこちらからどうぞ


講座案内はこちら
BABEL LOGO

COPYRIGHT(C) BABEL Corporation ALL RIGHTS RESERVED.