翻訳スキルの証明が欲しいのですが、どのような手段がありますか?

TOEIC のスコアだけでは翻訳スキルの判断は難しいという現実があります。

ビジネス全般における翻訳スキルの証明に、バベルがお勧めするのはCAP(Certificed Administrative Professional)です。

法律翻訳(リーガル翻訳)、特許翻訳、金融翻訳、文芸翻訳のように各業種に特化した翻訳のスキルを証明したい場合は、バベル翻訳専門職大学院(U.S.A.)マスター・ディグリー(修士号)を修めることをお勧めします。日本だけでなく、世界で信用される大きな財産となることは間違いないでしょう。

また、一般社団法人  日本翻訳協会の資格試験を受けてみるのも良いでしょう。