2020年、翻訳で稼げる分野は何でしょうか?

リーガル、法律分野と言われています。今後は変わっていくでしょう。

  バベル翻訳専門職大学院・堀田副学長に聞いてみました!

まず、そのような分野があるとすれば競争が最も激しいことが予測されますので、心しなければなりません。

しかし、少なくとも、最もエレメンタリーな領域の翻訳を目指すのが良いように思います。

例えば、文芸分野であればノンフィクションの健康もの、スピリチュアルもの、IR分野であれば、企業情報の英訳、テクニカル分野であれば、特許、医薬翻訳、リーガル分野では契約書翻訳、契約書はすべての分野を釘刺して発生するので有望です。以上、出版活動、企業活動、の最も重要、欠かせないドキュメントを視野に入れるべきでしょう。