目 次
 
まえがき
3
 
UNIT 1 権利、義務、許可、禁止等の助動詞表現
6
1-1
義務の「ねばならない」と「ものとする」
6
1-2
権利の「することができる」
9
1-3
許可・機能「することができる」
11
1-4
禁止、不作為の義務「してはならない」と「することができない」
13
1-5
法律要件の「ねばならない」と「を要する」
15
 
UNIT 2 法律文の述語表現
17
2-1
間違いやすい法律的述語表現
17
2-2
法律的に特別な意味のある述語表現
21
2-3
述語表現を正確に知る
27
 
UNIT 3 条件、制限、例外などの用例
40
3-1
「場合」と「とき」と「時」
41
3-2
「ただし書」
44
3-3
「に限り」と「を除いて」
46
 
UNIT 4 接続詞の用法
49
4-1
「および」と「ならびに」
49
4-2
「または」と「もしくは」
52
4-3
「および」と「ならびに」を逆に訳す
55
4-4
and/or をどう訳すか
57
4-5
かつ
60
 
UNIT 5 法律文における数表現と範囲
61
5-1
上限と下限(以上、以下、超、未満)
61
5-2
「以内」と「内」
65
5-3
「以前」と「前」、「以後」と「後」、「から…まで」
66
 
UNIT 6 更なる法律英語・法律翻訳の勉強
69
6-1
おわりに
69
 
以上
 
バベルの法律翻訳コースで使用するルールブック(基本教材)のタイトル
(タイトルをクリックすると目次が出ます)
 バベル法律文章表現技法
ルールブックTOP